日ハム斎藤佑、背番1“国内デビュー”は上々 2回自責0で生き残りアピール